2014年12月24日「神に栄光、人間に尊厳」

20141224日クリスマス・イブ礼拝

聖書箇所:ヨハネによる福音書114

「神に栄光、人間に尊厳」

 

 

神が人間になった

本日は、みなさんとクリスマスをお祝いできますことを、心よりうれしく思います。クリスマスは、イエス・キリストがこの世界に来られたことを喜ぶ日です。より詳しく言えば、「神の独り子が人となって私たちのもとへ来てくださった」ことを喜ぶ日です。

 

キリスト教は、「神が人間になった」ということを大切にしています。この点が、キリスト教の最も大きな特徴となっています。聖書によると、イエス・キリストは修行をつんで、神さまのような存在になったのではありません。神さまが人間となってマリアの子どもとして生まれたのがイエス・キリストであると聖書は記します。「神が人間になった」という驚くべき出来事が起こった日が、クリスマスとして祝われてきたのですね。

 

 

「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた」

イエス・キリストのこの誕生の出来事を、新約聖書のヨハネによる福音書という書はこのように表現しています。《言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた(ヨハネによる福音書1章14節)

 

少し表現が分かりづらいですが、この文章が指し示しているのも、「神が人間になった」出来事です。神さまの独り子が《肉となって》、つまり肉体をもった人間として私たちの間にお生まれになった。私たちはその栄光を見た、とヨハネによる福音書は記します。

 

キリスト教になじみのない人は、そもそもどうして神さまが人間になる必要があるのか、不思議に思われるかもしれません。人間を救うためだとしたら、そんな回りくどい(?)方法を取らないでも、神さまの大いなる力で直接人間を救えばいいではないか……?

 

「神さまが人間となった」出来事から伝わってくる重要なメッセージの一つは、「それほどまでに神さまが私たち人間を大切に想っている」ということだと思います。この不思議な出来事の意味を私たちは完全に理解しつくすことはできませんが、神さまが人間になってくださったということは、神さまが私たち人間を大切に想って下さっているからだ、ということができるでしょう。

 ヨハネによる福音書にはこのような言葉もあります。《神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された》316節)。神さまは私たちを大切に想うあまり人間となってくださったのだと受け止めることができます。

 

 

人間の大切さ

いまという時代を見てみますと、私たちが生きる社会は、どんどん人間を大切にしない社会になっています。日々新聞やテレビで報じられるニュースを見ると、私たちの社会がいかに人間を大切にせず、軽んじる社会になってしまいつつあるかが分かります。「人間の大切さ」ということが見失われつつあるのが、現在の私たちの社会なのではないでしょうか。

 

ではそもそもなぜ、人間は大切と言えるのか。聖書はその根拠を私たち自身の哲学や思想に求めるのではなく、神さまの言葉に求めます。神さまが私たち一人ひとりをかけがえのない存在だとおっしゃっているから、人間は大切だと胸を張って言えるのだ、と。

 

聖書は私たちに、人間の大切さの究極の根拠を提供してくれている書であると考えます。私たちから見た「人間の大切さ」だけではなく、他ならぬ、神さまの視点から見た「人間の大切さ」を語るのが聖書です。神さまご自身が人間となるほどに、私たち人間を大切に想って下さっている。あなたという存在を大切に想っていてくださっている。これほど強烈な言葉をもって人間の大切さを伝える書に、私自身は出会ったことがありません。

 

 

天賦人権説

すべての人は平等であり、幸福に生きてゆく権利があるとする「天賦人権説」という考え方があります。人権というものは一人ひとりの人間に、天から生まれながらに与えられているのだという考えです。人権思想の形成においてその基盤となってきた考えですが、この考えのルーツの一つとしてあるのが聖書です。神さまが私たち一人ひとりを尊い存在として創って下さった。だから一人ひとりの存在は尊いのであり、神さまが与えて下さったその生まれながらの権利を奪ってはならない、ということになります。

 

一方で、天賦人権説を否定する考え方もあります。人間は生まれながらの権利というものはもっていなくて、権威をもっている人々がそれを与えるのだという考え方です。たとえば日本国政府などの行政機関がその権利を与える存在に当たります。このような考えは、場合によっては他者を軽んじる考えへとつながっていってしまう危険性があります。国の命令に従う人々は尊重するけれど、それに反発する人々のことは軽んじるというような考えに陥ってしまう危険性があります。実際、天賦人権説を否定する考えをもった人々が政治的なリーダーとなることによって、私たちの生きる社会がより窮屈な、人間を大切にしない方向へと向かって行ってしまっています。大変危惧すべき事態です。

 

 

私たち一人ひとりは、生まれながらに尊い

クリスマスの出来事は、私たち人間は生まれながらに尊い存在であるというメッセージを伝えています。クリスマスとは、いわば、神さまからの「人権宣言」がなされた日です。神さまから見て、私たち一人ひとりは生まれながらに、かけがえなく、尊い。これが聖書の語るメッセージであり、そしてこの世界の真理であると私は信じています。神さまが伝えて下さるこの一人ひとりの存在のかけがえのなさを、「人間の尊厳」という言葉で呼ぶこともできるでしょう。クリスマスは、神さまの大いなる栄光が輝き出でた日であると同時に、神さまからの人間の尊厳の光がともされた日です。この人間の尊厳を互いにないがしろにすることは、私たちにはゆるされてはおりません。

 

クリスマスのこの時、宗教を超えて、国籍を超えて、あらゆる立場の違いを超えて、私たち一人ひとりが「人間の大切さ」を思い起こす時になることを願っています。私たちがそのことを想い起こし、互いを尊重し合い大切にしあいながら生きてゆくことが、神さまの願いであると信じています。どうぞ私たちがこの地上に平和を実現してゆくことができますように、ごいっしょにお祈りをおささげいたしましょう。