2016年12月18日「その名はインマヌエル」

20161218日 花巻教会 アドベント第4主日礼拝

聖書箇所:マタイによる福音書11823

「その名はインマヌエル」

 

 

 

マタイによる福音書11823節《イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。/夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心した。/このように考えていると、主の天使が夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。/マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」/このすべてのことが起こったのは、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。/「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。/その名はインマヌエルと呼ばれる。」/この名は、「神は我々と共におられる」という意味である

 

 

 

アドベント第4主日礼拝

 

本日はアドベント第4主日礼拝です。第1週目から1本ずつ火をともしてきたアドベントクランツのろうそくも、4本すべてに火がともりました。いよいよ、来週はクリスマス、イエス・キリストの誕生をお祝いするクリスマスも間近に迫ってきました。教会によっては、25日のクリスマスの当日、真ん中に5本目のろうそくを立てるところもあります。

 

お読みしました聖書箇所は、イエス・キリストの誕生が天使によって「告知」される場面です。クリスマスが目前に迫っている第4週にふさわしい場面ですね。

 

 

 

受胎告知 ~父ヨセフの視点から

 

 クリスマス物語というと、皆さんはどういう場面を思い起こされるでしょう。母マリアに対してなされた受胎告知。イエス・キリストの家畜小屋での誕生。羊飼いたちの前に現れた天使たちの歌。東方の博士たちの訪問など……。私たちが知っているクリスマスの物語は、新約聖書の中に記されている二つのクリスマス物語が組み合わされてできたものです。

 

 二つのクリスマス物語の内の一つは、マタイによる福音書に記されています。もう一つは、ルカによる福音書に記されています。それぞれが異なった視点からイエス・キリストの誕生について物語っているのですが、たとえば、マタイによる福音書はイエス・キリストの誕生を父ヨセフの視点から描き、ルカによる福音書は母マリアの視点から描いているというところに違いがあります。

 

「受胎告知」という言葉があります。一般的にイメージされることが多いのは母マリアに対する受胎告知ですね。フラ・アンジェリコやレオナルド・ダ・ヴィンチの絵でも有名です。このよく知られたマリアに対する受胎告知の場面は、ルカによる福音書に記されています。対して、マタイによる福音書が記すのは、ヨセフに対する「受胎告知」の場面です。本日の聖書箇所で描いているのは、そのヨセフに対する受胎告知の場面です。本日はご一緒に、父ヨセフの目線から、イエス・キリストの誕生が予告される場面を読んでみたいと思います。

 

 

 

ヨセフの決意 ~律法よりも命を守る

 

マタイによる福音書11819節《イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。/夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心した》。

 

 ヨセフはマリアと婚約をしていましたが、二人が結婚生活を始める前に、マリアが赤ん坊を身ごもっていることが明らかになりました。ヨセフの子ではない、他の誰かの子どもをマリアが身ごもっていることが明らかになったのです。マタイによる福音書はマリアが《聖霊によって》身ごもったと記しています。ただし、ヨセフ自身、当初はそのことを理解していなかったかもしれません。突然の出来事にヨセフは何が起こっているのか分からず、激しい困惑と苦悩のただ中に投げ込まれたことでしょう。

 

 当時のパレスチナでは、婚約中に相手と別の人と関係を持つことは律法で固く禁じられていました。律法とは旧約聖書に記されている「神の掟」です。婚約は結婚と同等の重みをもっており、婚約期間に他の人と関係をもつことは、姦淫(不倫)の罪に相当しました。当時、姦淫は石打の刑、すなわち死罪に相当するほど重い罪とされていました(申命記222324節など)。このままではマリアは姦淫の罪を問われることになってしまいます。場合によっては、マリアの生命に危険が及ぶことになってしまうかもしれません。だからこそ、ヨセフは深く苦悩しました。

 

 悩み苦しんだ末、ヨセフが下した決断は、このことを表ざたにせず、マリアとひそかに縁を切るということでした。このことが周囲に知れないうちに婚約関係を解消すれば、マリアが律法の姦淫罪に問われることを免れることができるからです。

 

ここでヨセフは、まず何よりマリアとお腹の中の子どもの命を守るという決断を下した、ということが分かります。それは旧約聖書の律法――すなわち神の掟を無視するということでもありました。

 

当時のイスラエルの社会では、「律法を守る」ことが何よりも重要なこととされていました。律法を守ることを絶対とするのならば、ヨセフは婚約者のマリアを律法違反の罪を犯した者として公衆の面前で告発せねばなりません。しかしヨセフはそうすることを望みませんでした。律法を破ってでも、ヨセフはマリアとこれから生まれ出ようとする子どもを守ろうとしたのです。ヨセフは「律法よりも命を守る」という決断をしました。

 

このヨセフの態度決定がなければイエス・キリストはそもそも生まれ出ることはできなかったかもしれない、ということを思いますとき、この決意がいかに重大なものであったか、ということを痛感させられます。

 

 

 

その名はインマヌエル

 

「律法よりも命を守る」という判断をしたヨセフの前に、天使が現れます。夢の中で主の天使が現れ、ヨセフにこう告げます。マタイによる福音書12021節《…「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。/マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」》。

 

  天使はヨセフに、恐れず妻マリアと結婚するようにと伝えました。マリアのお腹の子は《聖霊によって》宿ったのだから、と天使は伝えます。 すなわち、神さまの力によって宿ったのだ、と。天使は生まれてくる子を「イエス」と名付けなさいと命じます。

 

 そして、本日の聖書箇所では、この「イエス」という名前と共に、もう一つの名前が告げられます。それは、「インマヌエル」という名です。

 

マタイによる福音書12223節《このすべてのことが起こったのは、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。/「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。/その名はインマヌエルと呼ばれる。」/この名は、「神は我々と共におられる」という意味である》。

 

「インマヌエル」とはヘブライ語で、「神は我々と共におられる(God is with us)」という意味です。「インマ」が「~と共に(with)」、「ヌ」が「私たち(us)」、「エル」が「神(God)」です。マタイによる福音書は、これがイエス・キリストのもう一つの名前であることを述べます。イエス・キリストにもしミドルネームをつけるとしたら、「イエス・インマヌエル・キリスト」ということになるでしょう。

 

イエス・キリストのもう一つの名である「インマヌエル」は、マタイによる福音書全体を、そして聖書全体を貫いている中心的なメッセージです。「神は私たちと共におられる」――イエス・キリストがこの世界に誕生してくださったのは、「インマヌエル」を実現するためであった、と受け止めることができます。

 

この「インマヌエル」という名は、困難のただ中にいるヨセフに生きる勇気を与えてくれたことでしょう。

 

 

 

神ご自身の決意

 

 聖書全体の中心的なメッセージである「インマヌエル」――「神は我々と共におられる」。長く教会に来てらっしゃる方は、人生の中で、このことを実感した瞬間は幾度もあったことと思います。辛い時、苦しい時、悲しい時、神さまが共にいてくださる。だからこそ、再び立ち上がることができる。もう一度前へ進んでゆくことができる、と。自分は独りではない、と実感した瞬間が幾度もあったことと思います。ヨセフが大変な困難の中で、「インマヌエル」という名を示されたように。

 

 マタイによる福音書は、復活したイエス・キリストが弟子たちにこう語りかける場面で締めくくられます。《わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる》(マタイによる福音書2820節)。マタイによる福音書は「インマヌエル」で始まり、「インマヌエル」で締めくくられるのですね。

 

 この締めくくりでは、「インマヌエル」が、神さまご自身が語ってくださっている言葉として記されています。「わたしはあなたがたと共にいる」のだという、神さまご自身の言葉として。

 

 私たちは「インマヌエル」を互いに自分たちで「言い合う」というよりは、苦しみや悲しみのさ中で、この言葉を「聴き取る」のだ、ということができます。「わたしは、いつもあなたと共にいる」。「インマヌエル」は、イエス・キリストを通して示された、神さまご自身の決意です。

 

 ヨセフにこの名が示されたように、いま、私たち一人ひとりに、この名前が語りかけられています。私たち一人ひとりの内に、この名前が宿されています。

 

 

 

命の光の言葉

 

 神さまがイエス・キリストを通してこの名前を私たち一人ひとりに与えてくださったのは、神さの目から見て、一人ひとりがかけがえなく貴い存在であるからです。あなたという存在は、神さまの目から見て、決して失われてはならない大切な存在である。だからこそ、神さまは絶えず私たちに「わたしはあなたと共にいる」と語りかけ、支えようとしていてくださいます。

 

父ヨセフが何よりもマリアとお腹の中の子どもの命を守るという決断を下したように、神さまはあなたという存在が守られること、命が守られることを願い、イエス・キリストを私たちのもとに送るという決断をされました。そしていまも、復活のキリストを通して、絶えず「わたしはあなたと共にいる、あなたは独りではない」と語り続けてくださっています。かけがえのないあなたの存在が、命が、決して失われることがないためです。「インマヌエル」という言葉は、いま私たち一人ひとりの存在の内に、命の光の言葉としてともされています。

 

クリスマスが間近な今、どうぞご一緒に、この命の光の言葉を、私たちが互いに聴き取ることができますようにと願います。

《わたしの目にあなたは価高く、貴く/わたしはあなたを愛し/あなたの身代わりとして人を与え/国々をあなたの魂の代わりとする。/恐れるな、わたしはあなたと共にいる》(イザヤ書4345節)