2017年12月24日「民に与えられる大きな喜び」

20171224日 花巻教会 クリスマス礼拝説教・教会学校と合同

聖書箇所:ルカによる福音書2120

「民に与えられる大きな喜び」

 

 

ルカによる福音書2120節《そのころ、皇帝アウグストゥスから全領土の住民に、登録をせよとの勅令が出た。/これは、キリニウスがシリア州の総督であったときに行われた最初の住民登録である。/人々は皆、登録するためにおのおの自分の町へ旅立った。/ヨセフもダビデの家に属し、その血筋であったので、ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。/身ごもっていた、いいなずけのbマリアと一緒に登録するためである。/ところが、彼らがベツレヘムにいるうちに、マリアは月が満ちて、/初めての子を産み、布にくるんで飼い葉桶に寝かせた。宿屋には彼らの泊まる場所がなかったからである。/

 

その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。/すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。/天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。/今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。/あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」/すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。/

「いと高きところには栄光、神にあれ、/地には平和、御心に適う人にあれ。」/

天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。/そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。/その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。/聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。/しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。/羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った

 

 

 

クリスマス礼拝

 

本日はクリスマス礼拝です。クリスマスは、よくご存じのとおり、イエス・キリストの誕生を記念し、礼拝をささげる日です。

 

講壇の上に飾っているアドベント・クランツのろうそくにも、4本すべてに火がともりました。教会ではクリスマスの前のアドベントの時期になると、ろうそくに毎週1本ずつ火をともす風習があります。毎週1本ずつろうそくに火がともってゆくことで、クリスマスがだんだんと近づいてきていることを実感することができます。第4週目である今日は、4本すべてのろうそくに火がともっています。

 

 クリスマスは英語でChristmasと書きます。Christ(キリスト)とMass(ミサ、礼拝)の二つの単語が合わさっている言葉です。すなわち、「キリストの礼拝」。クリスマスという言葉には、「キリストを礼拝する」という意味が込められているのですね。その言葉の意味する通り、私たちはいま、イエス・キリストの誕生を祝い、礼拝をささげるために教会に集まっています。

 

 

 

はじまりのクリスマス

 

 先ほどご一緒に新約聖書のルカによる福音書のみ言葉をお読みしました。イエスさまの誕生が記されている場面です。改めてその場面を思い返してみましょう。

 

 イエスさまは、家畜たちがいる土間でお生まれになりました。いわゆる「馬小屋」と呼ばれているところですね。宿屋には泊まる場所がなかったからです。

 

家畜たちのエサを入れる飼い葉おけにイエスさまは寝かされていました。当時の飼い葉桶は、石を削ったものが使われていたと考えられています。冷たい石の飼い葉桶に、布にくるまれた赤ん坊のイエスさまが寝かされていたのですね。

 

 クリスマスと言えば何か華やかな、きらびやかなイメージがありますが、はじまりのクリスマスはこのような、むしろ物悲しい、さびしいものであったということを改めて心に留めておきたいと思います。

 

 

 

悲しみを見つめる中で

 

クリスマスになると、世界中で盛大なお祝いがなされます。クリスマスは私たちにとって、喜びの日です。

 

一方で、クリスマスを迎えても、喜ぶことができない人々もいます。さまざまな事情で、悲しみの内にいる人たち。クリスマスである今日も、懸命に働いている人もいます。経済的な事情で、子どもたちへのプレゼントを買ってあげることができないご家庭もあります。クリスマスを喜びたくても喜ぶ気持ちになれない人々がたくさんいることを、忘れないでいたいと思います。

 

また、礼拝に来たけれども、心の中は辛い気持ちでいっぱいという人もいるでしょう。皆さんの中にも、いま、心の中が悲しい気持ちだという人もいらっしゃるかもしれません。

 

先ほど、はじまりのクリスマスは物悲しく、さびしいものであった、ということを述べました。クリスマスのメッセージは、すでに喜んでいる人たちのためというより、むしろ、いまは喜べない人、悲しみの中にある人たちにこそ語りかけられているものであることを聖書の物語は伝えています。悲しみを見つめる中で与えられる喜びが、聖書が語る、クリスマスの喜びです。

 

 

 

深い悲しみ ~自分の存在が「どうでもいい」と思えてしまう

 

私たちが経験する最も深い悲しみの一つに、自分の存在が「どうでもいい」と思えてしまうことがあるのではないでしょうか。

 

自分なんて、いてもいなくてもいい、と思えてしまう。自分の替わりになる人なんていくらでもいるし、自分より優れている人もたくさんいる。そう思う時、私たちは心に深い悲しみ、痛みを感じます。いま多くの人がこの悲しみを心に抱きながら、生活しているのではないでしょうか。

 

また、社会の構造自体が、どんどん私たちにそう思わせるようなものとなっていってしまっている現状があります。人がどんどん「替わりがきく」存在にさせられていってしまっている。

 

私たちもまた、自身の心の中を見つめてみると、この深い悲しみ、痛みに出会うことがあるでしょう。

 

 

 

「わたしの目にあなたは価高く、貴い」

 

旧約聖書のイザヤ書に「わたしの目にあなたは価高く、貴い。わたしはあなたを愛している4314節)という神さまの言葉があります。この言葉はイエス・キリストを通して、私たち一人ひとりに語られています。

 

 イエスさまを通して、神さまが伝えてくださっていること。それは、あなたという存在が、神さまの目に、「かけがえなく」大切だ、ということです。そのメッセージを携え、イエスさまは私たちのもとに来てくださいました。

 

「かけがえがない」ということは、「替わりがきかない」ということです。あなたの替わりになる存在は、世界中のどこにもいません。だからこそ、あなたという存在は大切であるのです。

 

 

 

大きな喜び

 

イエス・キリストがお生まれになった時、羊の番をしていた羊飼いの前に天使が現れ、言いました。《恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。/今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。/あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである(ルカによる福音書21011節)

 

天使は羊飼いに、《大きな喜び》を告げると語りかけました。この大きな喜びは、神さまの目に、一人ひとりがかけがえなく貴い、という喜びです。

 

当時、羊飼いという職業は社会から差別を受けていた職業であったそうです。羊飼いの人々は仕事の内容の大変さに加え、人々から馬鹿にされ、仲間はずれにされているという悲しみを心に感じながら生活していました。自分の存在なんて「どうでもいい」と思ってしまっていたかもしれません。そのように悲しみを抱える羊飼いたちのもとに、天使は真っ先に現れ、喜びの知らせを伝えてくれたのです。神さまの目に、あなたという存在がかけがえなく貴いという、大いなる喜びの知らせを。

 

 

 

御子は来られた ~あなたの悲しみを喜びへと変えるため

 

あなたという存在は、かけがえなく貴い。あなたの替わりになる存在は、どこにもいません。世界中を探しても、どこにもいません。

 

かけがえのないあなたが喜ぶことこそ、神さまの願いです。大切なあなたが、悲しい気持ち辛い気持ちでい続けることを、神さまは決して望んでおられません。あなたの痛みを癒すため、あなたの悲しみを喜びへと変えるため、神さまはイエスさまを私たちのもとにお送りくださいました。あなたのために、クリスマスの喜びは用意されました。

 

わたしの目に、あなたは価高く、貴い。わたしはあなたを愛している」――どうぞいまご一緒に、この神さまの言葉に心を開きたいと願います。