2018年11月18日「わたしはある」

20181118日 花巻教会 主日礼拝説教 

聖書箇所:出エジプト記3115

わたしはある

 

 

 

出エジプト記3115節《モーセは、しゅうとでありミディアンの祭司であるエトロの羊の群れを飼っていたが、あるとき、その群れを荒れ野の奥へ追って行き、神の山ホレブに来た。/そのとき、柴の間に燃え上がっている炎の中に主の御使いが現れた。彼が見ると、見よ、柴は火に燃えているのに、柴は燃え尽きない。/モーセは言った。「道をそれて、この不思議な光景を見届けよう。どうしてあの柴は燃え尽きないのだろう。」/

主は、モーセが道をそれて見に来るのを御覧になった。神は柴の間から声をかけられ、「モーセよ、モーセよ」と言われた。彼が、「はい」と答えると、/神が言われた。「ここに近づいてはならない。足から履物を脱ぎなさい。あなたの立っている場所は聖なる土地だから。」/神は続けて言われた。「わたしはあなたの父の神である。アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である。」モーセは、神を見ることを恐れて顔を覆った。/

主は言われた。「わたしは、エジプトにいるわたしの民の苦しみをつぶさに見、追い使う者のゆえに叫ぶ彼らの叫び声を聞き、その痛みを知った。/それゆえ、わたしは降って行き、エジプト人の手から彼らを救い出し、この国から、広々としたすばらしい土地、乳と蜜の流れる土地、カナン人、ヘト人、アモリ人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人の住む所へ彼らを導き上る。/

見よ、イスラエルの人々の叫び声が、今、わたしのもとに届いた。また、エジプト人が彼らを圧迫する有様を見た。/今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす。わが民イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ。」/

モーセは神に言った。「わたしは何者でしょう。どうして、ファラオのもとに行き、しかもイスラエルの人々をエジプトから導き出さねばならないのですか。」/神は言われた。「わたしは必ずあなたと共にいる。このことこそ、わたしがあなたを遣わすしるしである。あなたが民をエジプトから導き出したとき、あなたたちはこの山で神に仕える。」/

モーセは神に尋ねた。「わたしは、今、イスラエルの人々のところへ参ります。彼らに、『あなたたちの先祖の神が、わたしをここに遣わされたのです』と言えば、彼らは、『その名は一体何か』と問うにちがいありません。彼らに何と答えるべきでしょうか。」/

神はモーセに、「わたしはある。わたしはあるという者だ」と言われ、また、「イスラエルの人々にこう言うがよい。『わたしはある』という方がわたしをあなたたちに遣わされたのだと。」/神は、更に続けてモーセに命じられた。

「イスラエルの人々にこう言うがよい。あなたたちの先祖の神、アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である主がわたしをあなたたちのもとに遣わされた。これこそ、とこしえにわたしの名/これこそ、世々にわたしの呼び名。…」

 

 

 

今年一年を振り返って……

 

 11月も後半に入り、2018年もあと40日ほどとなりました。教会の暦では122日(日)からアドベント(待降節)に入ります。アドベントとは、イエス・キリストが誕生したクリスマスを待ち望む期間のことを言います。もうすぐクリスマスか、この1年もあっという間だったなあ、と感じる方も多くいらっしゃることでしょう。あるいは、進学や就職などで4月から新しい生活を始められた方の中には、長い1年だったと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

 

 毎年、この時期になると年末になると日本漢字能力検定協会が「今年の漢字」を発表していますね。その年の世相を表す漢字一字を選ぶという毎年恒例の行事です。今年も現在、「今年の漢字」を募集中ということです。昨年は、「北」でした。日本漢字能力検定協会のホームページには《2017年は、「北」朝鮮ミサイルの「北」海道沖落下や九州「北」部豪雨などの災害から、平和と安全の尊さを実感した年》という説明が記されていました。もちろん、様々なことがあった一年間を漢字一文字で表すことは難しいことですが、今年1年を振り返って、皆さんはどのような漢字を連想するでしょうか。

 

 たくさんの自然災害が発生したことから、「災」という字を思い浮かべる方もたくさんいらっしゃることでしょう(ちなみに、『災』は2004年に一度選ばれています)。今年の1月から2月にかけて日本海側で豪雪になり、特に2月には北陸地方で記録的な大雪となりました。618日には大阪北部を震源とした大阪北部地震が発生、6月末から7月にかけて西日本豪雨が発生しました。また、7月から8月にかけて、命に関わるほどの猛暑が日本全国を襲いました。94日には台風21号による災害があり、その直後の96日に北海道胆振地方を震源とする北海道胆振東部地震が発生しました。いまも復興に向けて懸命な作業が続けられています。

 

 また、今年を振り返って、「嘘」という漢字を連想する方もいらっしゃると思います。事実とは異なる情報で作られた虚偽報道(フェイクニュース)がインターネット上を飛び交ったり、言葉に責任を持つべき政治家の方々が平然と「嘘」を繰り返したりということが国内外で起こっています。嘘も言い続けるとまるで既成の事実のようになってしまう、それを国家権力が率先して行っている、という恐ろしい状況になっています。

 

 

 

問題が「無かったこと」にされてしまうこと

 

 私が思い浮かべたのは、「無」という字です。多分「今年の漢字」には選ばれることはないだろうと思いますが、個人的には、この「無」という漢字を痛感させられる年であったなあ、と思っています。ここで私が言っている「無」は仏教的な意味での「無」ではなく、「有ったことが無かったことにされている」状況を指す言葉として用いています。今年一年のニュースなどを見ていて思わされることは、様々な事柄が、あたかも「無かったこと」にされることが起こっている、ということです。有ったことが無かったこととされ、問題がうやむやにされてしまっていることが、様々なところで起こっているように思います。

 

たとえば、昨年から大きな問題となっていた、森友学園問題、加計学園問題とそれに伴う公文書改ざんの問題(いわゆるモリカケ問題)。結局、この問題はどうなってしまったのでしょうか。真相がはっきりと究明されないまま、問題が収束されてしまっているように見えます。これら問題に関わった疑惑のある政治方の方々は変わらず重要な役職に就き続けています。あったことが「無かったこと」にされてしまっている状況があります。

 

問題が「無かったこと」にされてしまうことは、それによって傷ついている人の存在も「無かったこと」にされてしまうということを意味します。その問題によって傷つき続けている人の痛みが「無かったこと」にされてしまうこと。これが最も重大な問題です。自分の痛みが周囲から「無い」ものとされることは、私たちにとって最も辛いことの一つであると考えるからです。そして、痛みが「無かったこと」にされることは、その人の存在そのものが社会から「無い」ものにされることとつながっています。

 

今年の3月には、森友学園の文書改ざんを引き継いだ近畿財務局の現場の職員の方が自ら命を絶つという大変痛ましいことがありました。ご本人、またご遺族の方々の痛みがどれほどであったかと思うと、この問題は決して「無かったこと」にされてはならないことを思わされます。

 

 

 

「無かったこと」にされようとしている原発事故

 

「無かったこと」にされているということで私が思い起こさざるを得ないのは、原発事故と放射能の問題です。現在の日本の社会全体おいては、原発事故そのものがあたかも「無かったこと」にされようとしているような状況があります。そうして地域の人々の反対を押し切って、各地で原発が再稼働されようとしています。

 

原発の再稼働と共に、私が大変危惧しているのは、福島原発事故による健康への影響の問題です。放射能の健康への影響は現在の科学でははっきりとしていないことが多く、それを巡る見解も分れています。私自身はこの度の事故による放射能の健康への影響は「有る」「在り得る」と考えており、そのためには最大限の配慮が必要だと考える立場を取っています。

 

国や一部の専門家の方々は、初めから放射能の健康への影響は「無い」と結論付け、その結論に従ってさまざまな政策を強行に進めています。その政策によって、放射能の健康への影響が「有るかもしれない」と考え、苦しんでいる多くの人々の痛みが「無かったこと」にされてしまっています。

 

たとえば、「自主避難」を巡る政府の政策を一つ取ってみても、そうです。福島とその近郊の地域に住んでいた人々の中には、故郷を離れて日本海側や関東、西日本などに避難した人々もいます。いわゆる「自主避難者」と呼ばれる方々です。日本政府は昨年の3月をもってこれら人々への住宅の無償提供支援を打ち切りました。支援が打ち切られるということは、避難をしている人々がさらに経済的な窮地に追い込まれると共に、社会からそれら人々の存在が「無かったこと」にされてしまうことを意味しています。

 

「自主避難」選択した方々の中には、家族の関係が引き裂かれてまで、子どもを守るために避難を選択した方々もたくさんおられます。それら人々の痛み、苦しみを「無かったこと」にしようとすることはゆるされないことではないでしょうか。

 

 

 

運動の新たなる広がり ~セクシュアル・ハラスメント、性暴力に抗して

 

 私たちの社会には現在、様々な「痛み」があたかも「無かったこと」にされてしまっている状況があります。そのような暗い状況の中にあって、一方で、今年は一筋の光を感じさせる出来事もありました。たくさんの人々の痛みが「無かったこと」にされ続けてしまっている中で、その状況に抗おうとする運動が新たなる広がりを見せ始めている点です。

 

 今年はセクシュアル・ハラスメント(日本語にすると性的ないやがらせ、いじめ)や性暴力の問題がニュースでもよく取り上げられるようになった年でした。皆さんもよくご存じのように、「Me,too」という言葉を標語として、セクシュアル・ハラスメントや性暴力の被害にあった方々が勇気をもって声を上げ始め、その運動が世界的な広がりを見せています。また、今年のノーベル平和賞は紛争下で起きている性暴力と戦うコンゴ民主共和国のドニ・ムクウェゲ医師とイラクの人権活動家のナディア・ムラド氏の両氏に授与されました。

 

 これまで、セクシュアル・ハラスメントや性暴力によって傷ついてきた人々が無数に存在していたのにも関わらず、それら痛みが顧みられてこなかった。無数の人々がこれまで沈黙を強いられ、泣き寝入りを強いられ、人知れず涙を流し続けて来た現実があった。そのような状況に対して、私たちはもはや痛みを「無かったこと」にはしない――その決意が、現在広がりを見せ始めている運動に根底にあるのだと受け止めています。私たちもまた、自らの内にこの決意を新たにし、共に連帯をしてゆきたいと思います。

 

 

 

《わたしはある》 ~わたしはあなたの痛みを決して「無かったこと」にはしない

 

 個人的には、「今年の漢字」は「無」ということをお話しました。「無」という言葉の反対語は、何でしょうか。「有」という字ですね。私はこの「有」という言葉こそは、聖書を象徴する字の一つであると思っています。

 

 もちろん、聖書を象徴する言葉はいろいろ挙げられることでしょう。「愛」という言葉が真っ先に思いつく人もいれば、「信」という言葉を思い浮かべる人もいるでしょう。なぜ私がこの「有」という字を、聖書を象徴する字の一つに挙げるかと言いますと、それは、この文字が他ならぬ、神さまの名前に関連しているからです。

 

 先ほど、旧約聖書の出エジプト3115節をお読みしました。モーセという人物が指導者として神に呼び出される、よく知られた場面です。この場面に、神さまの名前が出て来ました。《わたしはある。わたしはあるという者だ(出エジプト記314節、新共同訳)

 

「わたしは有る。わたしは有るという者だ」――これが神の名前であるというのですね。この不思議な名前を漢字一文字で表すとすると、「有」という字になるでしょう。

 

この神さまの名前をどう受け止めるかは、様々な解釈があります。正解も一つではないでしょう。私としては、この名前の中に、神が存在を「無かったこと」になさらない方であることが示されているのだと受け止めています。神さまは私たち人間の痛み、苦しみを決して「無かったこと」にはなさらない。

 

「有る」というのは、言い換えれば、「存在している」ということです。確かに「存在している」ことを力強く宣言しているのが、「有る(在る)」という言葉です。

 

《わたしはある》――。この神さまの名前から、「わたしはあなたの痛みを決して『無かったこと』にはしない。それは、『有る』!」という神さまの決意の声を聴く想いがします。

 

先ほど少し述べましたように、私たちの社会には、存在しているのに、あたかも存在していないかのようにされている様々な痛みがあります。私たちもまた、すぐ近くにいる誰かの痛みに気づかず、通り過ぎていることがあるでしょう。また、私たちそれぞれの心にも、誰からも顧みられない痛みがあるかもしれません。神さまはそれら痛みを見出し、そこに光を当て、「有る=確かに存在している」と宣言してくださっている方です。

 

わたしはあなたの痛みを決して「無かったこと」にはしない。それは「有る!」。わたしはあなたの存在を決して「無かったこと」にはしない。それは「有る!」。神さまはいまも、私たちにそう語りかけてくださっていると信じています。

 

痛みが「無かったこと」にされることがない社会を、一人ひとりが尊厳をもって生きてゆくことができる社会を創ってゆくために、それぞれが自分にできることを考え、行ってゆくことができますようにと願っています。