2018年12月30日「東方の学者たち」

20181230日 花巻教会 主日礼拝説教 

聖書箇所:マタイによる福音書2112 

東方の学者たち

 

 

マタイによる福音書2112節《イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、/言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」/これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。/王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。/彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。/『ユダの地、ベツレヘムよ、/お前はユダの指導者たちの中で/決していちばん小さいものではない。/お前から指導者が現れ、/わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」/そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。/そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。/彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先だって進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。/学者たちはその星を見て喜びにあふれた。/家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。/ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った

 

 

 

クリスマス礼拝をおささげし……

 

先週の23日(日)、私たちはクリスマス礼拝をおささげしました。翌日の24日にはキャンドルサービスの形式で、イブ礼拝をおささげしました。たくさんの方々が教会に集ってくださり、感謝です。

 

私たちの住む日本では1225日が過ぎると一気にお正月モードに切り替わりますが、教会の暦では、まだクリスマスは終わっていません。たとえば、クリスマスから8日目の11日はイエス・キリストの命名と割礼が行われた日とされています。また、16日は「公現日(エピファニー)」という記念日となっています。公現日は、イエス・キリストが、東方の学者たちをはじめ、すべての人々にご自身の光を現わしたことを記念する日です。教会ではこの公現日まで、リースやクリスマスツリーも飾ったままにします。皆さんも今日教会に入るとき、リースとツリーをご覧になったかと思いますが、片付けをし忘れている(!)わけではありませんのでどうぞご安心ください。

 

現在、大寒波の影響で日本海側や北海道では大雪となっています。花巻はいまだ雪は少なめですが、朝晩と厳しい寒さが続いています。どうぞ皆さまも体調にはお気を付け下さい。また外出の際は道路の凍結にくれぐれもお気を付け下さい。

 

 

 

一年を振り返って

 

今日が2018年の最後の礼拝となりました。この一年、私たち教会の歩みが神さまと多くの方々によって支えられましたことを感謝いたします。

 

この一年、私たちは愛する二人の方々を神さまのもとにお送りしました。昨年末、教会関係者である村上顕先生が天に召されました。17日、ご葬儀を花巻教会で執り行いました。

 

828日、教会員の斉藤一恵さんが天に召されました。92日にご葬儀が執り行われました。

 

村上顕先生、斉藤一恵さんのご遺族の皆さま、お二人につながるすべての皆さまの上に、神さまからの慰めとお支えがありますようお祈りしております。

 

今年の教会の行事として特筆すべきは、11月に行った110周年記念講演会でありましょう。教会が創立110周年を迎えるにあたり、私たち花巻教会は1124日に記念講演会を行いました。講師に雜賀信行さん(雜賀編集工房、クリスチャン・プレス編集長)をお招きし、「宮沢賢治とクリスチャン」を主題にお話しいただきました。教会関係者の方々、地域の方々がたくさん集ってくださり、感謝でした。大変お忙しい中講師をつとめてくださった雜賀さんに心より感謝いたします。

 

この度の講演会では特に、賢治さんが親しくしていた斎藤宗次郎さんと島栄蔵さんという花巻の二人のクリスチャンについてお話ししてくださいました。斎藤宗次郎さんは内村鑑三の弟子で、宮沢賢治の『雨ニモマケズ』のモデルになっているという説もある方です。島栄蔵さんは花巻教会員で、教会の草創期を支えて下さった信徒の方です。賢治さん自身は日蓮宗の信仰を持っていましたが、宗教の違いを超えて、このお二人との間に深い魂の交流があった、お互いに影響を与え合っていたことを雜賀さんはお話しくださいました。

 

自分のためだけではなく、他者のために懸命に生きようとするという姿勢。喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣く姿勢において、このお三方は深く通じ合い、結ばれていたのではないか。雜賀信行さんのお話を聞きながら私はそのように感じました。

 

私たち花巻教会もこの一年、《喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい(ローマの信徒への手紙1215節)を教会の年間の主題聖句にして歩んできました。慌ただしい日々の中にあって、ついこのことを忘れてしまうことの多い私たちではありますが、私たちがこのみ言葉に絶えず立ち帰ることができますように、喜びも悲しみも共に分かち合う歩みをこれからもしてゆくことができますよう願っています。

 

 

 

不思議な星と、東方の学者たち

 

先ほど、教会の暦ではまだクリスマスであるということをお話しました。聖書の物語においても、イエス・キリストの誕生で物語は終わるのではなく、まだ続きがあります。本日の聖書箇所もその続きの物語の一つです。本日の聖書箇所には、東方の学者たちが星の光をたよりにイエス・キリストがお生まれになった場所を探し当てる場面が記されていました。なじみの深い、いわゆる「東方の三博士の訪問」の場面ですね。先ほど申しました16日の公現日に読まれることも多い場面です。本日はこの場面をご一緒にお読みしたいと思います。

 

東方の学者たちを導いた星は、「ベツレヘムの星」と呼ばれます。クリスマスツリーのてっぺんに飾られている星は、このベツレヘムの星を現わしています。クリスマス物語を象徴するものの一つであるということができますね。この星がいったい何なのかは、後世の私たちにははっきりとは分かりません。この不思議な星に導かれるようにして、東方の学者たちはイエス・キリストがお生まれになった場所を探し当て、幼子主イエスに宝物をささげることができました。

 

この東方の学者たちは、天文学・占星術を専門とする人々であったと考えられます。夜空を見上げて天体の位置や動きを研究していた人々です。ちなみに、伝統的に絵画では学者たちは三人組として描かれることが多いですが、聖書本文には三人という人数が記されているわけではありません。三人とされたのは、かつて、古代教父のオリゲネスという人が、贈り物が「黄金、乳香、没薬」の三種類だったことに合わせて、学者の数も三人だとみなしたことに由来しているそうです(参照:クリスマスおもしろ事典刊行委員会編『クリスマスおもしろ事典』、日本キリスト教団出版局、2003年、60頁)

 

ここで心に留めていただきたいのは、この学者たちがユダヤ人ではなく、外国人であったということです。聖書特有の言い方をするなら、「異邦人」です。異邦人とは、ユダヤ人以外の人々のことを指す言葉です。幼子イエス・キリストに真っ先に出会ったのは、ユダヤの人々ではなく、外国人である彼らでした。ここには、キリストの光がユダヤ人だけではなく「異邦人」に届けられるようになるという、マタイによる福音書の著者のメッセージが込められています。その新しい時代が、いまや到来しようとしている。キリストのこの光を前に、もはやユダヤ人と「異邦人」とを隔てるものはなくなってゆきます(ローマの信徒への手紙1012節)。夜空に輝く不思議な星は、このキリストの光を指し示すものであったのではないでしょうか。

 

後世、この学者たちには名前も付けられるようになりました。「メルキオール」「カスパール」「バルタザール」という名前です。また、年齢や出身についても新たな伝説が加わるようになりました。年齢は、それぞれ、老人、若者、中年。また外国人である彼らの出身はそれぞれ、ヨーロッパ人、アジア人、アフリカ人とみなされるようになったそうです(参照、『クリスマスおもしろ事典』、61頁)。面白いですね。これらはもちろんあくまで後世に加わった伝承ですが、キリストの光が人種や国籍を越えて、すべての人に届けられるというマタイ福音書のメッセージにつながるものであるということもできるでしょう。

 

 

 

生まれ出ようとしているもののために「いつでも準備を整えている」こと

 

人々が寝静まっている夜、目を覚まし、夜空の観察していた東方の学者たち。キリストの光の兆候をいち早く見出し、イエス・キリストのもとへ急いだ彼ら――。この東方の学者たちの物語を読んでいて、私が思い起こす言葉があります。精神分析学者のエーリッヒ・フロムの『希望の革命』という著書の中の言葉です。《希望を持つということは、まだ生まれていないもののために、いつでも準備ができているということであり、…強い希望を持つ人は新しい生命のあらゆる徴候を見つけて、それを大切に守り、まさに生まれようとするものの誕生を助けようと、いつでも準備をととのえているのである》(E・フロム『希望の革命《改定版》』、作田啓一 佐野哲郎訳、紀伊國屋書店、1970年、2728頁)

 

エーリッヒ・フロムは、希望を持つということは、《まだ生まれていないもののために、いつでも準備ができている》ことだと語っています。またそして、強い希望を持つ人は《新しい生命のあらゆる徴候を見つけて、それを大切に守り、まさに生まれようとするものの誕生を助けようと、いつでも準備をととのえている》のである。

 

ここでの新しい命とは、文字通り、母の胎から生まれ出ようとしている新しい命として捉えることもできるでしょう。また、より広い意味での命として捉えることもできるでしょう。たとえば、いまのこの時代に、新しく芽吹こうとしている何か、としても受け止めることができます。

 

東方の学者たちは、毎晩夜空を見上げ、何か新しい動きがないか、何かの兆候がないか、注意深く観察していたことでしょう。もし新しい徴候があれば、それを見過ごすことなく見つけ出すことが彼らの役割でした。そうして実際、不思議な星の動きに気付き、新しい王、救い主の誕生の兆候を見出すことができたのです。そうしてその新しい命の誕生を手助けし、自分たちの手でも祝福するため、急いで旅に出かけます。

 

このクリスマス物語を読む度、私は、生まれ出ようとしている何かのために「いつでも準備を整えている」ことの大切さを思います。私たちはついつい、自分自身のことで精一杯になってしまうものです。もちろん、自分自身のことで懸命になることは大切なことです。けれども、それが「すべて」になってしまうのではなく、たとえ余裕のない中にあっても、自分以外の存在のために、心の一室を空けておきたいものです。またそれは、他者の呼び声にいつも「目を覚ましている」こととつながっているということができるのではないでしょうか。主イエスは私たちにおっしゃいました、「目を覚ましていなさい」(マルコによる福音書1437節)

 

 

 

これからの教会の歩みを考えるにあたって

 

 私たち花巻教会は今年、創立110周年を迎えました。私たち教会がこれからどのような歩みをしていったらよいか。来年、また皆さんとご一緒に少しずつ話し合って行ければと思っています。これからの教会の歩みを考えるにあたって、東方の学者たちの姿を心に留めて行きたいと思います。これから生まれ出ようとしているもののために「いつでも準備を整えている」姿勢です。

 

 私たち自身も、私たちの関係性も、私たちのこの社会も、固定したものではあり得ず、絶えず変化をし続けているものです。慌ただしい生活の中で、気づきにくいものではありますが、立ち止まり、注意深く見つめるとき、私たちはその変化の兆しを見出すことができるでしょう。

 

それは私たち教会も、キリスト教会そのものも、そうでありましょう。教会の在り方も、キリスト教の信仰そのものも、やはり固定されたものではあり得ず――植物が少しずつ成長してゆくように――より豊かな在り方を目指して変化をし続けてゆくものであるでしょう。

 

日々の生活の中で、私たちが新しい命の光の兆候を見逃さず、新しく生まれようとしているものの誕生を助けようといつでも準備を整えていること。これが大切なことなのではないでしょうか。それが目には見えない聖霊のお働き、神さまのご計画を見出し、受け入れてゆくことともつながってゆくのだと思います。

 

新しく生まれ出ようとするもののために準備を整えておく中で、私たちがこれからなすべきこともまた一つひとつ与えられてゆくのだと信じ、新しい年もご一緒に歩んでゆきたいと思います。