2019年6月9日「聖霊が一人ひとりの上に」

201969日 花巻教会 ペンテコステ礼拝説教・教会学校と合同

聖書箇所:使徒言行録2111

聖霊が一人ひとりの上に

 

 

使徒言行録2111節《五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、/突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。/そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。/すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。/さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいたが、/この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉が話されているのを聞いて、あっけにとられてしまった。/人々は驚き怪しんで言った。「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。/どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。/わたしたちの中には、パルティア、メディア、エラムからの者がおり、また、メソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントス、アジア、/フリギア、パンフィリア、エジプト、キレネに接するリビア地方などに住む者もいる。また、ローマから来て滞在中の者、/ユダヤ人もいれば、ユダヤ教への改宗者もおり、クレタ、アラビアから来た者もいるのに、彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは。」

 

 

 

ペンテコステ礼拝

 

本日はご一緒にペンテコステ礼拝をおささげしています。ペンテコステは「聖霊降臨日」とも呼ばれます。イエス・キリストが復活された後、弟子たちの上に聖霊が降ったことを記念する日です。聖霊とは言い換えると、「神の霊」ということです。

 

「聖霊」と聞くと、皆さんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。

「聖霊」と聞くと、「鳩」をイメージする人もいらっしゃることでしょう。聖書には、イエスさまが洗礼を受けたれたとき、聖霊が鳩のように降ってきた、と記されています(マタイによる福音書316節)

 

また、「聖霊」を「風」や「火」のイメージで思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。さきほどお読みしました聖書箇所には、弟子たちの上に聖霊が降ったとき、激しい風が吹いてくるような音が聞こえ、《炎のような舌》が一人ひとりの上にとどまった、と書かれていました(使徒言行録214節)

 

 

 

精霊と聖霊

 

日本に住んでいる私たちにとって間違えやすいのは、「精霊」という言葉で捉えてしまうことですね(スクリーンを参照)。「精霊」は自然的な霊を意味する言葉です。妖精とか、草木に宿る霊ですね。また日本ではご先祖の霊をこの言葉で表すこともあります。

 

一方、聖書で用いられているのは「聖霊」という言葉です。「せい」の字の表記が違いますね。聖書においては「神さまの霊」を意味するものとして、「聖霊」という言葉を用いています。

 

聖霊は、目には見えません。でも確かに働いていてくださっている。わたしたちに絶えず働きかけ、わたしたちといつも共にいてくださるのが聖霊なる神さまです。

 

 

 

聖霊が一人ひとりの上に

 

改めて、本日の物語をご一緒に見てゆきたいと思います。お弟子さんたちに聖霊が降ったとき、《炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった》3節)ということが記されていました。《炎のような舌》という不思議なイメージは、聖霊が降ったことのしるしです。今日は、この不思議な《炎のような舌》が「一人ひとりの上に」とどまった、というところに注目してみたいと思います。

 

神さまは、弟子のリーダーであったペトロだけに聖霊がお遣わしになったのではありませんでした。その場にいたお弟子さんたち全員に、ご自身の霊をお遣わしになったのです。聖霊が「私たち一人ひとりに」与えられている――このことを本日は大切に覚えたいと思います。

 

 

 

カリスマ ~神さまからの大切な贈り物

 

私たちにはそれぞれ、違いがあり、それぞれに個性があります。この世界には誰一人として、「わたし」と同じ人間はいません。神さまはそのように、私たちをそれぞれ違う存在として創ってくださったのだ、と聖書は捉えています。そして神さまは私たち一人ひとりに聖霊を送って下さることによって、それぞれに異なった、大切な役割を与えて下さっているのだ、とコリントの信徒への手紙一12411節)。私たちが使っている聖書ではこの神さまからの大切な贈り物を「賜物」という言葉で訳しています。

 

「賜物」は、もともとの原文のギリシャ語では「カリスマ」という言葉です。現在、人の心を惹きつける魅力をもった人のことを「カリスマ」と呼んだり、たくさんの人に熱烈に支持されている人を「あの人にはカリスマ性がある」と言ったりします。そのような意味で浸透している「カリスマ」という言葉ですが、もともとは聖書に出てくる言葉なのですね。神さまが聖霊を通して私たちに与えてくださっている大切な贈り物、それがカリスマです。

 

  この神さまからの贈り物は、何か人の目を引くような才能や特技だけを指すものではありません。その人にしかできない、何かその人の存在からにじみ出てくるような大切な役割が、神さまが与えてくださっている賜物(カリスマ)です。

 

時にそれは周りの人にはすぐには気づかれないような、目立たないものであるかもしれません。または、本人も気づいていないものであるかもしれません。けれどもきっとその賜物は、周りの人々にとって無くてはならない、大切なものです。たとえば、その人がその場にいてくれるだけで場の雰囲気がなごやになったり、心があたたかくなったり、ということが起こるとしたら。それはその人がもつ素晴らしい賜物なのではないでしょうか。何か抜きんでた才能とか特技だけが、カリスマなのではありません。その人にしかできない、その人の存在からにじみ出てくるような大切な役割こそがカリスマなのであり、そしてそれは私たち一人ひとりに確かに与えられています。神さまの目から見ると私たち一人ひとりが、素晴らしい「カリスマをもった存在」なのです。

 

 

互いの賜物を生かし、支えあいながら

 

 本日はペンテコステ。一人ひとりに、神さまからの聖霊が降ったことを覚える日です。ここに集った私たち一人ひとりの内に、いま聖霊なる神さまが共にいてくださり、大切な賜り物を与えて下さっている、ということを心に留めたいと思います。神さまの目から見て、必要のない人はこの世界には存在しません。一人ひとりに大切な役割を与えられているのだと信じています。私たちがお互いを大切な賜物をもつ存在として受け止めあい、その賜物を生かし、支えあいながら生きてゆくことができますよう、ご一緒にお祈りをおささげいたしましょう。