2020年12月27日「あなたを照らす光は昇り」

20201227日 花巻教会 主日礼拝

聖書箇所:マタイによる福音書2112

あなたを照らす光は昇り

 

 

マタイによる福音書2112節《イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、/言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」/これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。/王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。/彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。/『ユダの地、ベツレヘムよ、/お前はユダの指導者たちの中で/決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、/わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」/そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。/そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。/彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。/学者たちはその星を見て喜びにあふれた。/家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。/ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った

 

 

 

今年1年の歩みを振り返って

 

本日が2020年の最後の礼拝となります。この1年、この教会の歩みが神さまと皆さまのお祈りによって支えられましたことを感謝いたします。

今年は新型コロナウイルスの影響により、本当に大変な年になりましたね。流行語大賞は「3密」。3密を避けるという新しい生活様式は、いまや私たちにとって日常的なものとなりました。

今年の漢字も「密」でした。しかし正確には「密を避けた年」であり、実質としては「離」の年であったと言えるのではないでしょうか。ソーシャルディスタンス(人との距離)をことあるごとに意識しなければならない一年でした。会いたくても、会えない。集まりたくても集まれない日々。家族や友人とも物理的に離れ離れになってしまった日々。今年2020年は多くの人が「引き離される」「離れ離れになる」ことに直面した年でもあったことを思わされます。

 

新型コロナウイルスの影響により、国内でも、多くの教会が会堂での礼拝を休止せざるを得ない状況となりました。特に感染者が多く、多くの人が礼拝に集まる都心部の教会は大変なご苦労をされていることでしょう。そのような中、新しい試みとしてオンライン礼拝が導入されるようになりました。

花巻教会は会堂での礼拝は継続して行って来ましたが、やはり様々な集会は休止、11月に毎年行っているバザーも中止にいたしました。楽しみにして下さっている方もいる中、心苦しい判断でしたが、感染防止の観点から中止としました。

 

昨日は東京で過去最多の949人の感染が確認されたと報じられていました。どうぞ一人ひとりの健康と生活とが守られますように、いま療養中の方々の上に主よりの癒しがありますように、医療に従事している方々の上に主の支えがありますように、またいま生活に困難を覚えている方々に必要な支援が行きわたりますように、ご一緒に祈りをあわせてゆきたいと思います。

 

そのように、今年は全世界が新型コロナウイルスの対応に追われた一年でありましたが、私たち花巻教会においてもこの一年、様々な出来事がありました。喜びもあれば、悲しみもありました。

 

私たち花巻教会は今年、愛する方々を神さまのもとにお送りしました。

326日、HKさんが天に召されました。77年のご生涯でした。628日、YMさんが天に召されました。86年のご生涯でした。1120日、TNさんのお母さまのTKさんが天に召されました。86年のご生涯でした。1128日、KKさんが天に召されました。91年のご生涯でした。

 本日出席していらっしゃる方々の中でも今年親しい方を天にお送りした方がいらっしゃることでしょう。悲しみの中にあるご遺族の皆さまの上に、ここに集った一人おひとりの上に、神さまからの慰めとお支えがありますようお祈りいたします。

 

愛する方々を主の御もとにお送りした悲しみと寂しさが私たちの心の内にありますが、同時に今年、喜びも与えられました。

4月にSEさんが当教会に転入されました。9月にSMさんが当教会に転入されました。

また81日、KSさんが洗礼を受けられました。1016日、IMさんが洗礼を受けられました。転入会されたSさん、Sさんの上に、洗礼を受けられたKさん、Iさんの上に神さまの祝福が豊かにありますようお祈りいたします。

様々な困難や課題が私たちの目の前にありますが、喜びも悲しみも共に分かち合いながら、新しい年も一歩一歩、歩んでゆくことができますようにと願います。

 

 

 

東方の学者たち ~不思議な星に導かれ

 

先週の20日、私たちはクリスマス礼拝をおささげしました。24日にはキャンドルサービスの形式でイブ礼拝をおささげしました。新型コロナウイルスの感染が拡がっている状況の中ではありましたが、共にクリスマスをお祝いすることができ感謝でした。

 

教会の暦ではクリスマスは16日(公現日と呼ばれます)まで続きます。教会ではこの公現日まで、リースやクリスマスツリーも飾ったままにします。片付けをし忘れているわけではありませんのでどうぞご安心ください。

 先ほどお読みしましたマタイによる福音書2112節もクリスマス物語の中の一場面です。東方の学者たちが不思議な星を発見し、その星に導かれて、生まれて間もないイエス・キリストを探し当てるところです。クリスマスの劇でも取り上げられることが多い場面ですね。

911節《彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。/学者たちはその星を見て喜びにあふれた。/家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた》。

 

学者たちを導いた東方の星は、「ベツレヘムの星」と呼ばれます。クリスマスツリーのてっぺんに飾られているのも、このベツレヘムの星です。この星が何であるかについては諸説あり、その正体は私たちには分かりませんが、不思議な輝きを発するこの星はクリスマス物語を象徴するものの一つではないでしょうか。

ベツレヘムの星に導かれ、東方の学者たちは主イエスがお生まれになった場所を探し当て、宝物をささげることができました。

 

 

 

良き知らせがすべての人に

 

この東方の学者たちは、天文学・占星術を専門とする人々であったと考えられます。毎晩夜空を見上げ、天体の位置や動きを研究していた人々です。聖書本文には名前も詳しい出自や年齢も記されてはいませんが、後に様々な伝承が付け加えられてゆきました。たとえば、名前は「メルキオール」「カスパール」「バルタザール」、出身はそれぞれ、ヨーロッパ人、アジア人、アフリカ人……等々(参照:クリスマスおもしろ事典刊行委員会編『クリスマスおもしろ事典』、日本キリスト教団出版局、2003年、61頁)

これらはあくまで後世に加わった伝承ですが、ここで心に留めたいことは、この学者たちがユダヤ人ではなく、外国人である点です。東方から来たということは、彼らが外国から来た人々であることを意味しています。聖書特有の言い方をするなら「異邦人」ですね。

星の光に導かれ、まっさきにキリストに出会ったのは「異邦人」であった彼らでした。このことから、イエス・キリストの福音がすべての人に伝えられるようになるとのメッセージをくみ取ることができます。民族や国籍、あらゆる違いを超えて、私たち一人ひとりに良い知らせ(福音)が届けられる――これが、本日の聖書箇所が私たちに伝える大切なメッセージの一つです。東方の学者たちが見出した不思議な星は、この良き知らせをいち早く指し示すものであったのかもしれません。

 

 

 

インマヌエル ~神は私たちと共におられる 

 

イエス・キリストを通して伝えられる良い知らせ(福音)――それは一体どのようなものであるのでしょうか。マタイによる福音書はその良い知らせを一言で言い表しています。それは、「インマヌエル」です。インマヌエルは「神は私たちと共におられる」という意味の言葉です。

本日の聖書箇所の直前のイエス・キリストの誕生の場面では、このインマヌエルこそがイエス・キリストのもう一つの名前であることが記されています。《見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。/その名はインマヌエルと呼ばれる123節)

マタイによる福音書は、主イエスは「インマヌエル」を実現するために、赤ん坊となって私たちのもとに誕生して下さったことを伝えています。神さまがいつも私たちと共にいてくださるようになるために。私たちが、どんなときも自分は独りではないこと知るために。 

 

私たちにとって、真の支えとなることは、「自分は独りではない」ことを知ることではないでしょうか。

たとえ先が見えなくても、誰かが傍にいてくれたら、私たちは完全には絶望はしないのではないかと思います。たとえ胸の中は苦しさや辛さで一杯であるのだとしても。その苦しさを分かち合ってくれる誰かがいたら、共に寄り添って歩んでくれる人がいたら。私たちは絶望することはないのではないかと思います。言い換えますと、自分が独りぼっちで、孤立無援の状況にあると感じるとき、私たちは絶望へと追いやられてゆくのではないでしょうか。

 

 あなたに「自分が独りではない」ことを知らせるために、イエス・キリストはこの世界に誕生してくださいました。あなたの悲しみも喜びもすべて共にしながら、その旅路の一歩一歩を照らし出すために――。

 

 

 

あなたを照らす光は昇り

 

東方の学者たちが見出した「ベツレヘムの星」。それは必ずしも燦然と輝く光ではなかったかもしれません。まだ世界は夜の暗闇に包まれている中、ひっそりと輝く小さな光であったのかもしれません。しかしその星の光は確かに現れ、学者たちの旅路を導いてくれました。その一歩一歩を支え、導いてくれました。

いまからおよそ2000年前、粗末な家畜小屋にともされた光もまた、そのような小さな光でありました。それはいわば、暗闇の中に輝く光です。《光は暗闇の中で輝いている(ヨハネによる福音書15節)

それは盛大な光ではないかもしれません。闇の中に輝く小さな光であるかもしれません。しかし、そのイエス・キリストの光は暗闇の中で確かに輝いています。クリスマスの日にともされた光――そのキリストの光はまず第一に、私たちに絶望をしないための力を与えて下さるものなのだと本日はご一緒に受け止めたいと思います。

 

私たちの目の前には様々な課題・問題があります。なかなか先のことが見えない現状があります。いまはまだ「希望」という言葉は口にすることが出来なくても、私たちはもはや絶望することはないのだとご一緒に受け止めたいと思います。インマヌエルなるキリストが、いつも私たちと共にいてくださるからです。私たちに寄り添いながら、この旅路の一歩一歩を照らして下さっているからです。

 

最後にイザヤ書6012節の預言の言葉をお読みいたします。《起きよ、光を放て。/あなたを照らす光は昇り/主の栄光はあなたの上に輝く。/見よ、闇は地を覆い/暗黒が国々を包んでいる。/しかし、あなたの上には主が輝き出で/主の栄光があなたの上に現れる》。 

 

ここに集ったお一人お一人の心にキリストの光が昇り、今日という日を光とあたたかな熱とで満たしてくださいますように。