2020年5月31日「聖霊に満たされ」

2020531日 花巻教会 ペンテコステ礼拝説教・教会学校と合同 

聖書箇所:使徒言行録2111 

聖霊に満たされ

 

 

使徒言行録2111節《五旬祭の日が来て、一同が一つになって集まっていると、/突然、激しい風が吹いて来るような音が天から聞こえ、彼らが座っていた家中に響いた。/そして、炎のような舌が分かれ分かれに現れ、一人一人の上にとどまった。/すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、ほかの国々の言葉で話しだした。/さて、エルサレムには天下のあらゆる国から帰って来た、信心深いユダヤ人が住んでいたが、/この物音に大勢の人が集まって来た。そして、だれもかれも、自分の故郷の言葉が話されているのを聞いて、あっけにとられてしまった。/人々は驚き怪しんで言った。「話をしているこの人たちは、皆ガリラヤの人ではないか。/どうしてわたしたちは、めいめいが生まれた故郷の言葉を聞くのだろうか。/わたしたちの中には、パルティア、メディア、エラムからの者がおり、また、メソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントス、アジア、/フリギア、パンフィリア、エジプト、キレネに接するリビア地方などに住む者もいる。また、ローマから来て滞在中の者、/ユダヤ人もいれば、ユダヤ教への改宗者もおり、クレタ、アラビアから来た者もいるのに、彼らがわたしたちの言葉で神の偉大な業を語っているのを聞こうとは。」

 

 

 

ペンテコステ礼拝

 

本日は、ペンテコステを覚えてごいっしょに礼拝をささげています。ペンテコステは聖霊降臨日とも言われます。復活されたイエス・キリストが天に昇られた後、弟子たちの上に聖霊(神の霊)が降った出来事(使徒言行録2111節)を記念するものです。

 

緊急事態宣言の解除を受け、本日のペンテコステ礼拝をもって、久しぶりに礼拝を再開する教会もあると伺っています。この2か月の間、県の内外においてやむを得ず礼拝を休止していた教会、牧師と役員の方々だけで懸命に礼拝を守っていた教会がたくさんあります。それが本日は久しぶりに皆が集う礼拝となる――忘れられないペンテコステになる方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

花巻教会は礼拝プログラムを一部変更しつつ礼拝を継続してきましたが、私自身、こうして教会で礼拝ができることの有難さを改めて痛感させられています。皆さんもきっとそうでいらっしゃることでしょう。皆で教会に集い、礼拝できるということは何と喜ばしく、また有難いことでしょうか。

 

これからまだしばらく、不安定な状態は続いてゆくでしょう。感染の第2波、第3波が来ることも懸念されます。どうぞ一人ひとりの健康と生活とが守られますよう、ご一緒に聖霊なる主のお導きを祈り求めたいと思います。

 

 

 

これまで経験をしたことがない事柄を前に

 

 少しずつ生活と経済活動が通常のかたちに戻りつつある一方で、新型コロナウイルスは依然として私たちの生活に重大な影響を及ぼし続けています。

色々なことが中止になり、制限され、またかたちを変え……そのどれも、私たちがこれまで経験したことのないことです。様々な経験を積んできた人生の大先輩である方々にとっても、やはりこのようなことは初めてのことであると思います。

 

いま目の前にある現実を、どう受け止めたらいいのか分からない。どのように言葉にしたらいいのか分からない。いま多くの人がそういう心境でいらっしゃるのではないでしょうか。私たちが現在の気持ちを言葉に表すことができるまで、もう少し時間がかかるかもしれません。

 

 教会学校の皆さんは、いまの自分の気持ちをぜひノートに記しておくとよいのではないかと思います。誰に見せるのでもない、自分だけのノートです。

ノートには、無理に前向きな言葉ばかり書く必要はありません。否定的な想いも、悲しい気持ちも、何でも自由にノートに記しておくとよいでしょう。

皆さんがいま一生懸命考えて、言葉にしたことが、これから皆さんの人生を支えてゆく大切な言葉になってゆくのではないかと思います。大切な宝になってゆくのではないかと思います。またそこから、社会をより良いものに変えてゆくための言葉が生まれてゆくかもしれません。

 

 

 

言葉に表せないうめきをもって

 

 と同時に、私たちにはどうしてもすぐには言葉が出てこない時もあります。ノートに向かっても書くべき言葉が見つからない、ということもあるでしょう。

 

 教会ではさまざまな場面でお祈りをしますね。しかし私自身、どう祈ったらいいのか分からない時もあります。たとえば今回のような大変な出来事が起こった時、私自身、人にかけるべき言葉、祈るべき言葉が見つからないこともあります。

 

 そのような私たちに向けて語られている聖書の言葉があります。パウロという人が手紙に記した言葉です。《同様に、“霊”も弱いわたしたちを助けてくださいます。わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが、“霊”自らが、言葉に表せないうめきをもって執り成してくださるからです(ローマの信徒への手紙826節)

 

わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが……》と記されていますね。私たち自身は、どう祈るべきかを知らない。いまは祈るべき言葉が見つからない。しかし、聖霊なる主ご自身が、《言葉に表せないうめきをもって執り成してくださる》と記されています。

 

「うめき」とは、言葉になる前のもの、口から思わずもれる声のことを言います。ここでは、聖霊自らが、うめいておられるということが語られています。聖霊なる神さまがうめき声を上げておられる――驚くべき表現です。

 神さまもまた言葉に表せないうめきをもって、そばにいてくださっている。一緒にうめいて下さっているのだと述べられています。だから私たちは独りきりなのではないのだ、と。

 

 いまはまだ祈るべき言葉、語るべき言葉が見つからなくても、少なくとも言えること――それは、私たちは独りではないということです。聖霊なる神さまがそばにいてくださっている。一緒になって、呻いてくださっている。

 

 また、私たちもこの呻きを通して互いに結び合わされています。いま私たちは同じ時間を、同じ場を、同じ困難を共有する中で、一つに結び合わされています。だから、私たちは独りではありません。

 

 

本日はペンテコステ。聖霊に満たされ、その力に支えられる中で、私たち自身の言葉を、新しい次の一歩を、共に見出してゆくことができますようご一緒に祈りをあわせたいと思います。